読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I am Nihonjin

2014年に3年勤めた仕事を辞め、オーストラリアへ。学生ビザで5ヶ月間語学学校に通った後に日本へ帰国するも、半年後にオーストラリアへ戻り仕事を始める。1年後にその仕事を辞め、日本に帰国。2016年9月にオーストラリアへ戻る予定。 何かあればコメントをいただければすぐに返信できるとおもいます

オーストラリアでホームステイ

今日はオーストラリアでのホームステイについて書いていきます。

 

2014年4月にオーストラリアで1ヶ月間ホームステイをしました。海外自体初めてだったので、またまた日本ワーキングホリデー協会に申し込みをしてもらいました。実際の所は、語学留学で通う予定であったILSC Brisbaneさんがホームステイの手配をしているためILSCに日本ワーキングホリデー協会を通して連絡をし申し込みをしてもらいました。そして出発1ヶ月前あたりにはホームステイ先の写真や資料をいただき、オーストラリアへ向かいました。

 

空港には日本ワーキングホリデー協会さんが手配して下さった迎えが来ており、その車に乗ってまずホームステイ先に向かいました。着いたお家は、大きくて白い平屋のお家。庭もプールもあって、芝生が敷きつめられていました。着いた時はロングフライトのせいもあってヘトヘト。運転手さんが家に入って家族をよんでくれました。すると、ホームステイ先のママとパパがニコニコしながら迎えてくれて、なれたように家の説明をさっさとしてくれました。また、そこにはすでに2人のホームステイしている留学生がいて、1人は日本人、もう1人はブラジルの方だったような気がします。英語が一切分からなかったので、とりあえずその日本人の男の子に色々と聞きまくりました。で、そのままシティと言われる中心地に連れてってもらい色々とおしえてもらいました。

 

では、ちょっと長くなってしまうのでその1ヶ月をまとめると...

 

・日本人は入れかわりになるシステムで、先にいた人は翌日には出て行ってしまいました。自分が出るときには新しい日本人が入ってきました。

・留学生のブラジル人、タイ人とオーストラリア人(ホストファミリー)で1ヶ月を過ごしました。

・英語が一切分からなかった自分は、結局あまりわからないまま1ヶ月が過ぎてしまいました。が、案外なんとかなりました。

・ホームステイの手配をしている語学学校の日本人スタッフにホームステイ先の相談ができるようなシステムがある。

・ホームステイ先の人は留学生なれしています。

 

また、ホームステイ先は合う合わないがあったり、それぞれの特色があるためこればっかりはどうにもなりません。例えば、自分のホームステイファミリーはホームステイ中の半分は家をあけていました(イースターというシーズンがかぶっていたためか旅行に行っていた)。これは英語を話したい人にとってははずれのホームステイ先かもしれませんし、本当に人次第ですね。

あとは友達のホームステイ先では、シャワーが3分だけしか浴びれない(これはかなり稀ですが)、おばあちゃんと2人でホームステイ、旅行に連れて行ってくれる、ホームステイ先を出てからも仲良し等々。本当にホームステイ先によって様々です。ただ1つ言えるのは、合う合わない以前に合わせてみることも大切かと思いました。せっかく異文化交流できる場ですし、それを受け入れることで良くないことも良くなっていきます。

例えば、Aさんがが「ホームステイ先の人は全く話しかけてくれなくて、フレンドリーじゃない。」と言っていました。じゃあなぜ話しかけてくれることが前提なのか、ということです。話しかけてくれない、ではなく自ら話していくことが大切です。因みに、その家のホームパーティーに呼ばれてホームステイ先のママに聞いてみたところ「話してあげたいけれど、Aさんが部屋にこもっていてそっとしておくべきかわからないの」と言っていました。せっかくお金を出してホームステイしているので、英語が分からなくてもどんどん話していけるといいのかなぁと思います。

 

まとめ

・ホームステイ先は様々でそれぞれの特色がある。

・ホームステイは語学をだけでなく文化を受け入れるためにもいい。

・個人的には1ヶ月で十分。(その1ヶ月以内でシェアハウスを探す)

・費用はやや高め。

・英語がわからなく海外が初めての人にはオススメ。

 

以上です。

オーストラリアと語学留学

今日はオーストラリアでの留学について書きます。2014年4月から5〜6か月あたり語学留学をしました。

前回の記事で書いた日本ワーキングホリデー協会さんで紹介したいただいた中から、

ILSC Brisbane というオーストラリアのブリスベンにある学校にしました。また、1ヶ月のホームステイもそのまま申し込みをしましたが、それについては次回書いていきます。

 

今回は語学学校について書いていきます。

調べて分かることはおいといて、まずは実際に申し込んだ上でわかったことを。

 

費用 : 93万円(留学5〜6ヶ月 + ホームステイ1ヶ月)

これはあくまで留学とホームステイの費用だけです。その他の費用として

 5〜6ヶ月分の海外保険

 僕はAIU保険会社を利用しました。計9万円程度だったかと思います

 ホームステイ後のシェアハウス家賃

 2週間で$140でした。計26万円程度です。

 生活費(食費、交通費等)

 計20万程度かと思います。かなり曖昧です

がかかります。これだけざっと見ると5〜6か月の費用だけで148万円かかっていいることがわかります。ぞっとしてきました。

 

留学先 : ILSC Brisbane

国籍は日本人、韓国人、台湾人、タイ人、コロンビア人、ブラジル人、フランス人、イタリア人が主でモンゴル人、ロシア人も数人いました。国際的なので姿勢次第で友達は世界中にできますし、英語を話す機会もありました。

因みに、ILSCはカナダやその他の国にもあり、最近ではオーストラリアのメルボルンに新しいキャンパスができたばかりです。

 

メリット

English onlyポリシーといって学校の敷地内では英語以外話してはいけないというルールがあるため常に英語を話すことができる。

レベルが11クラスに分かれており、自分に合ったクラスからスタートできる。

様々な国籍の友達ができる。

アクティビティといわれる行事があり友達と参加できる。

ブリスベンシティの中心にある。

カフェワークスキル、TESOLなどその他様々な授業やクラスがとれる。

日本人スタッフがいるので、何かあっても大丈夫。

 

デメリット

クラスメイトの英語レベルは自分と同じであるため、ネイティブと話す機会は先生のみである。また、クラスは15人〜いるためずっと先生と話すことは難しい。

自ら発言したり挙手しないと英語で発言する機会が少ない。また日本人も意外といるのでそこでかたまってしまうと日本語ばかり話してしまう(ポリシーをやぶってしまう人もいる)。

留学費用が高い。

 

以上がメリットとデメリットです。個人的には、費用対効果を考えると長期の留学はおすすめできません。個人的には最大4ヶ月で十分だと思いますし、それ以降はだらけてしまう方も多くいました。

デメリットについては、留学費用を除けばあとは自分次第でカバーできるといえます。ネイティブと話す機会は学校外でも十分つくれますし、同じ授業をとっても発言するかしないかで数ヶ月間に差はついてきます。日本人ばかりでなく他国の方といれば英語を常につかうこともできます。

 

結果的なことをいえば、留学はしてよかったです。オーストラリアの語学留学は、あくまで基礎的な英語力の向上と国際的な友達づくりのためだと考えていいと思います。特に世界中の友達ができるのは海外ならではです。

今はフィリピン留学も主流になっていますが、語学学校には日本人か韓国人、台湾人が中心なのでアジア圏の友達だけになるでしょう。その後にオーストラリアやその他の国に行くのであれば、現地で1ヶ月だけでも留学してコミュティーをつくるのがいいのではないでしょうか。

 

まとめ

・個人的に留学は4ヶ月で十分。(留学費用を考えると)

・語学学校はあくまで英語の基礎と国際交流にオススメ。

・語学留学は1ヶ月だけでもいいからした方がいい。(コミュニティーや友達作りのため)

 

今後、オーストラリでのホームステイについて、フィリピンのセブ留学について、シェアハウスについて等書いていこうと思います。

ワーキングホリデービザと無料エージェント

9月にオーストラリアへワーキングホリデーに行きます。以前オーストラリアに1年半程いたことはありますが、ワーキングホリデービザはつかったことがなかったのです。

 

ワーキングホリデービザは申し込みもそう難しいものではありません。パソコン、Wi-Fi、パスポートとクレジットカードと30分という時間さえあれば申し込みできます。(実際やったら20分でできました)

様々なビザで渡豪暦が何回も長期に渡ってある場合、申し込みをしてから数十日から数週間かかることもあるみたいです。不法滞在や移民への対策でしょう。

 

もしワーホリビザの申し込みが自分でできないだとか、初めてで不安な方は無料エージェントを利用することをおすすめします。有料エージェントはいりません。お金を払ってやるべきことではないですし、無料エージェントのサポートも今はかなり手厚いので十分です。

僕が利用したことあるのは日本ワーキングホリデー協会です。

様々な国についてのサポートや紹介をしています。学校の紹介、ホームステイ先の手配、留学を考えている方の交流会もおこなっています。留学の際に利用しましたが「ワーホリってなんのことだろう」ということから知ることができますし、出発準備までサポートしてくれます。無料エージェントではありますが、学生ビザと学校の入学手続き後、手数料として5000円のみ支払いがありました。ですが、その5000円なんて気にならない程のサポートでした。

 

まとめ

・留学するなら無料エージェントがオススメ

・ワーホリビザは30分でも申請できる(人によりますが)

 

以上です。

 

次回は僕の留学について書いていきます。

バックパッカー税とタックスリターン

そういえば最近、某ブログやらニュースでよく見るのが「オーストラリアのバックパッカー税」について。

オーストラリアに留学したりワーホリしている人であれば、「2016年7月1日からバックパッカー税がとられるようになる」という話を聞いたことがあるはず。

1ドルの収入につき32.5%の税金をとりますよ、というとんでもない話です。つまり給料から32.5%とられるわけですから、ワーホリできている人からしたらたまったもんじゃないです。

 

ですが、どうやら現時点では2017年1月1日までの延期となったようです。

 

 

オーストラリアにはタックスリターンという制度があります。これは、例えば時給20ドルだとすると、そこから税金として32.5%が引かれて給料が振り込まれます。ですが、お給料が年間18,200ドル(170万円位)までであれば、この払った分の税金が全て戻ってくるのです。申請しなきゃいけませんけども

今回、バックパッカー税と呼ばれているのは、つまりこのタックスリターンについて話しているんでしょう、おそらく。

つまり「バックパッカー税がとられる」というのは「今まではとられてきたけどタックスリターンとして返ってきた税金が返ってこなくなりますよ」というのが、今回のニュースみたいです。

 

なんだかややこしいですが、とりあえずよかったです。

 

まとめ

バックパッカー税とは1ドル当たり32.5%の税金をワーホリの人からもとるようにな

 りますよというもの。

・2017年1月1日まではバックパッカー税はとられない。(2016年9月現在)

・そして2017年1月1日に導入されるかどうかが決定する。(2016年9月現在)

 

以上です。

オーストラリアの日本人

ブログ始めました。

オーストラリアの暮らしについて書いていきます。

 

オーストラリアには計1年6ヶ月滞在してたことがあり、2016年の9月にはオーストラリアにワーホリで戻る予定です。

ワーホリの方々がよくやっているようなオーストラリアの情報を発信するようなものというより、自身の暮らしをゆるく書いていきます。 

 

が、オーストラリアに行くまではちょっとした豆知識もつらつら垂れ流していきます。