海外のお日記。

2014年に留学目的でオーストラリアへ。学生ビザで5ヶ月間語学学校に通った後に日本へ帰国するも、半年後にオーストラリアへ戻り障がい者支援の仕事を始める。1年後にその仕事を辞め、日本に帰国。2016年9月にオーストラリアへ戻り翌年4月には帰国。 現在はカナダへ渡加するために準備中。かなりゆるく更新中。

バックパッカー税とタックスリターン

そういえば最近、某ブログやらニュースでよく見るのが「オーストラリアのバックパッカー税」について。

オーストラリアに留学したりワーホリしている人であれば、「2016年7月1日からバックパッカー税がとられるようになる」という話を聞いたことがあるはず。

1ドルの収入につき32.5%の税金をとりますよ、というとんでもない話です。つまり給料から32.5%とられるわけですから、ワーホリできている人からしたらたまったもんじゃないです。

 

ですが、どうやら現時点では2017年1月1日までの延期となったようです。

 

 

オーストラリアにはタックスリターンという制度があります。これは、例えば時給20ドルだとすると、そこから税金として32.5%が引かれて給料が振り込まれます。ですが、お給料が年間18,200ドル(170万円位)までであれば、この払った分の税金が全て戻ってくるのです。申請しなきゃいけませんけども

今回、バックパッカー税と呼ばれているのは、つまりこのタックスリターンについて話しているんでしょう、おそらく。

つまり「バックパッカー税がとられる」というのは「今まではとられてきたけどタックスリターンとして返ってきた税金が返ってこなくなりますよ」というのが、今回のニュースみたいです。

 

なんだかややこしいですが、とりあえずよかったです。

 

まとめ

バックパッカー税とは1ドル当たり32.5%の税金をワーホリの人からもとるようにな

 りますよというもの。

・2017年1月1日まではバックパッカー税はとられない。(2016年9月現在)

・そして2017年1月1日に導入されるかどうかが決定する。(2016年9月現在)

 

以上です。